税理士が教えるフリーランスの税金
フリーランスのための税金講座

フリーランスの悩みどころ!クレジットカードの上手な使い方を税理士がご紹介

税理士が伝授!フリーランスのためのクレカの帳簿付け

ここではフリーランスのクレジットカード取引の帳簿処理について解説します。フリーランスの方から帳簿付けに関してよく受ける質問として、クレジットカードの仕訳方法があります。クレジットカードは、取引日付と実際に現金を支出する日が異なるため、カードをきった日に記録すればよいのか、現金が引き落とされた日で記録すればよいのか悩んでしまわれるようです。青色申告者など原則発生主義の複式簿記で帳簿をつけている場合、厳密に記録しようとすると帳簿付けが少々手間になります。

面倒なクレカの複式簿記の仕分け

面倒なクレカの複式簿記の仕分け

フリーランスが確定申告をする際に、「青色申告」の特別控除枠を守ろうと複式簿記を厳密に発生主義で記帳するならば、クレジットカード取引では面倒なことになります。現金払いであれば問題ないのですが、クレジットカードは取引日と支払日が異なっていて多くは月を跨ぐため、1回の取引につき2回の記帳が必要になります。しかしこれを支払日で統一して記帳する方法も認められており、年度末だけは年度を跨ぐために未払い金で処理する必要がありますが、大部分は1回の取引につき1回の記帳で済むのです。もっとも事業用も個人用も同じクレジットカードの場合には、それでも処理が面倒であり、手間か節税効果かの選択になります。

個人、事業用で分けていないクレカの複式簿記

個人、事業用で分けていないクレカの複式簿記

フリーランスが小規模な事業を行っている間は、事業用と個人用とでクレジットカードを分けるのは、手続きが面倒で物理的に難しいかもしれません。しかし、この二つを分けていないと、「青色申告」で特別控除65万円の恩恵を受けられる筈の複式簿記の記帳が厄介です。事業用と個人用とが一括して同じ銀行口座から引き落とされることになるのですが、その内訳を単純に記帳してしまうと、仕訳帳の数字と普通預金の履歴と数字が一致しなくなります。しかし、複式簿記の記帳では、この両者の数字を一致させる必要があり、「事業主貸」といった仕分けが必要になるのです。

読んで損はない!税金に関する記事一覧

フリーランスならではの節税対策

フリーランスは大切な資金を必要な部分に投下し、売上げを上げつつ、いかに利益を多くするかを必死で考えている人が多いと思います。ところが節税の知識がないと、そのようにせっかく稼いだ利益から不必要に多額の税金を納めることになってしまいます。せっかく利益が出たのに税金のために借金をするというのも冗談ではなく、ありえる話です。そんなことにならないように、正しい節税知識をつけて、賢く節税しましょう。フリーランスの節税キーワードは、経費と控除です。計上できる経費は全てもれなく計上し、該当する控除はすべて申告することが節税の基本です。

フリーランスの医療費控除はどんなときに使える?

フリーランスの節税対策としておさえておきたいのが「医療費控除」に関する知識です。1年間にかかった医療費が一定額を超えた場合、控除対象となるという制度です。具体的には、10万円以上の医療費の、10万円を超えた部分が対象となります。つまり、年間の医療費合計が12万円であれば2万円が控除対象となります。病院や薬代など、医療関係の領収書もきちんと保管しておきましょう。レーシックやインプラントなど、意外なものが医療費控除の対象となる場合もあります。医療費控除について詳しく解説します。

面倒なクレカの複式簿記の仕分け

フリーランスの場合、事業にかかった経費の支払いをクレジットカードで決済することも多いと思います。クレジットカードの取引を複式簿記で帳簿付けする場合の処理に悩んでいませんか?クレジットカードは、取引日(カードをきった日)と現金支出日(引き落とし日)が異なるので、どちらの日付で記録したらいいのか悩む人が多いようです。複式簿記の原則は発生主義ですので、厳密にいえば、未払勘定で取引日と決済日の両方をそれぞれ記録しなければなりません。そのため、帳簿付けは現金払いよりも面倒になります。具体的な処理方法などを解説します。

Copyright © 2015 税理士が教えるフリーランスの税金 All Rights Reserved.